FC2ブログ
BRUTAL LIFE
RELAPSE JAPANを運営するJumboによるブログ。宣伝&日々の戯れ言。全てはおもいつきです....。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本当にご無沙汰しております
あまりにも長く更新していなかったので、もはや見ている人はまったくいない気がしますが、ご無沙汰しておりました。ここ2年以上まったく更新してんかったんで、すでにレーベルも終了したと思われていても不思議はないのですが、実はまだほんと〜になんとか細々ではありますが、継続中でございます。
本当に長い間更新せず失礼いたしました。心を入れ替えブログもまた更新していきたいと思いますので、引き続き宜しくお願いいたします。

実はこっそりRELAPSE JAPANは今年10周年だったりします、そして本社RELAPSE RECORDSは今年25周年を迎えました。長い間のご支援、ご声援本当に感謝しております。
そんな記念すべき年に、過去2度の来日経験もある、あのニューヨークのSKINLESSが完全復活を果たしました。しかもオリジナルのラインナップ+ギタリスト1名を加えての5人編成での復活です。
彼らの初来日は2001年横浜アリーナで行われたBEAST FEASTだったのをよく覚えてます。その時彼らは欧米のフェスティバルのノリで勝手にテーブルに自分達のマーチャンダイスを拡げて販売を初めてたんですが、BEAST FEASTでは全出演バンドのマーチャンダイスの管理を主催者側がしていて、そうやって勝手に販売する事は禁止だったんだけど、彼らは欧米のノリそのままに実行に移し、当時レコード会社の担当者だった自分の携帯にマーチャンダイスの管理の方から「すぐにやめさせて下さい!」と怒りの電話が入った事をよく覚えてます。
あと、早朝会場の周りをウロウロしていたヴォーカルのSHERWOODは会場周辺にいたファンからやたらと握手やサインを求められ「俺はSLAYERでもPNATERAでもないのに、なんで?」とかなり戸惑ったと言っていたのを思い出します。 メンバーの人柄は本当にナイスガイだったんで記憶にも強く残るバンドでした。
そんなナイスガイ達の復活作「ONLY THE RUTHLESS REMAIN」は過去のSKINLESS節満載の極悪な内容でファンの方々には喜んでいただけること間違いないかと思います。
日本盤は7月22日のリリース予定となっております。
宜しくお願いいたします。
SKINLESS_PHOTO.jpeg

正直な話ここ最近のリリースは以前のように日本でプレスをした完全なる日本盤ではなく、アメリカ盤に歌詞の対訳と帯を付けた所謂直輸入国内仕様という形でのリリースがほとんどになってます(SKINLESSも同様です。でもSKINLESSは解説も付いてます)。

最近は円安で輸入盤もやや以前に比べれば高くなったいる場合もあるかと思いますので、同じ輸入盤買うなら是非この直輸入国内仕様を買っていただけると嬉しいです。

今後はこれほどひどくほったらかすことなく更新を行いたいと思っておりますので、どうか今後も後贔屓にしていただけると幸いです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。